ピンポイントでエリアを指定
ターゲットとするお客様の生活エリアや、過去訪れた場所を特定して位置情報を取得できるため、無駄無く広告をお届けし、反応率を高める事ができます。

属性の指定が可能
年齢や性別のほか、「過去〇回来店している」「夜間〇回検知されている」…など位置情報の取得頻度で絞り込みができます。

明確なゴール設定が可能
広告を見たユーザーが来店したかどうかを測定できます。ヒアリングに応じて最適なゴールを設定してPDCAを回す事により、効果の高い配信を目指します。

未来の顧客を開拓
WEB上の検索行動を起こしていないユーザー(=潜在層)でも、過去の行動履歴から将来顧客になりうる仮説を立てられます。競合に先駆けて未来のお客様にアプローチする事で、長期的なマーケティング施策をプランニングできます。